平成28年4月1日午前0時より以下のとおり、首都圏の高速道路料金が変更されます。

首都圏の新たな高速道路料金

(1)対距離制を基本とした料金体系へ整理・統一されます

○料金水準の統一
圏央道を含むその内側の高速道路の料金水準が、現行の「高速自動車国道の大都市近郊区間」の水準に統一されます。

○車種区分の統一
首都圏の高速道路の車種区分が5車種区分に統一されます。今回変更になる路線は次の通りです。

  • 首都高速:2車種 ⇒ 5車種
  • 京葉道路、千葉東金道路、新湘南バイパス:3車種 ⇒ 5車種

なお、上記の料金体系の整理・統一に当たっては、当面、次のような料金設定とします。

  • 首都高速などについては、物流への影響や非ETC車の負担増などを考慮して、上限料金などを設定します。
  • 第三京浜や横浜新道など、現在の料金水準が低い路線については、「高速自動車国道の普通区間」を目安に料金水準を設定します。

(2)起終点を基本とした継ぎ目のない料金の実現へ

都心部の渋滞等の課題に対して、圏央道や外環道の利用を促すために、ETC車の場合、出発地と目的地が同じであれば、どの経路でご利用いただいても、起終点間の最短距離の料金となります。(当面は料金体系の整理・統一における激変緩和措置を考慮し、最安値とします。)
ただし、首都高速経由の料金が高い場合には、首都高速経由の料金は引下げません。

首都圏の新たな高速道路料金 首都圏の新たな高速道路料金

首都高の新たな料金