開催概要

会社設立10周年記念日の10月1日〈都民の日〉に、小学校高学年のお子さまを対象に、首都高の事業や防災に関する取り組みを紹介する、首都高子ども支援プロジェクト「子ども探偵団・首都高の裏側を探ろう!」を開催します。

普段は立ち入ることのできない交通管制室や大橋ジャンクション内の施設に加えて建設現場も見学するスペシャルな1日です。
当日は、首都高を走る車の安全を見守るお仕事を間近で見たり、防災設備等の体験をしたり、働く車にふれてみる事もできることに加えて晴海線建設現場へも足をのばします。晴海線はオリンピック選手村とアクセスし、2020年東京オリンピック・パラリンピックの成功に貢献する路線です。本イベントを通じて社会の仕組みを学び、首都高の役割や事業についてご体験いただきたいと思います。
都民の日にお友達やご兄弟と、首都高の裏側を探ってみませんか?

写真
※写真は昨年開催時のものです。

開催日 平成27年10月1日(木)都民の日
時間 10:00~16:00
対象 東京都内在住の小学4~6年生と保護者
募集人数 約40名
見学場所
内容
交通管制室・大橋換気所・晴海線建設現場
交通管制システム見学、防災設備体験、首都高で働く車・黄バイとの記念撮影、建設現場見学等
参加費用 無料(現地までの交通費はお客様負担となります)
募集期間 平成27年7月31日(金)~8月20日(木)17:00
抽選結果 平成27年8月末頃、当選者のみにメールにてご連絡

開催報告

10月1日、都民の日に行った「子ども探偵団~首都高の裏側を探ろう!~」の報告です。
まずは出発前のオリエンテーション。みんな元気よく手を挙げながら、 首都高クイズに挑戦してくれました。

交通管制室

最初の見学現場は、24時間365日首都高の安全を見守っている「交通管制室」です。初めて見る大きなパネルを前に、興味津々のお子さまからたくさんの質問が飛び出しました。

大橋ジャンクション

次に向かったのは、「大橋ジャンクション」。大橋ジャンクションの仕組みを学んだあと、現れたのは首都高の安全をまもる「バイク隊」。バイク隊のスラローム走行を見て、拍手と歓声が上がりました。
その後は大橋ジャンクションの環境にやさしい換気所の仕組みを見たり、おおはし里の杜で稲刈り前の田んぼを眺めたりしながら都市と環境について学びました。

晴海線建設現場

最後に訪れたのは、建設中の晴海線。ヘルメットと安全帯をつけ、準備万端で現場に向かいます。
まだ舗装されていない橋の上を、一歩一歩慎重に歩きました。非日常的な場所からレインボーブリッジ、東京スカイツリーの姿や5年後に向けて大きく変わっていく豊洲周辺の街並みを眺めて楽しみました。

子ども探偵団として謎解きに挑戦!

今回の現場見学では、ご参加いただいたお子さまに「子ども探偵団」の一員となってもらい、謎解きにチャレンジしていただきました。見学現場にいるスタッフに質問をすると、謎解きのヒントとなる「首都高カード」がもらえるため、お子さまは終始真剣にスタッフの説明に耳を傾け、懸命に考えた質問をたくさんしてくれました。

丸一日かかったイベントとなりましたが、お子さまも保護者の皆様も最後まで笑顔でご参加いただきました。私たちスタッフにとっても、思い出に残る一日となりました。