首都高ドライバーズサイト
  • 文字サイズ
  • 標準

  • 拡大

かつしかハープ橋

  • 概要
  • ライトアップ
  • 建設ステップ

1982年3月 着工

1982年 3月着工

かつしかハープ橋は、中央環状線が中川の上平井水門の上流で、綾瀬川左岸から荒川左岸堤に移る、全長455mの1面吊りのS字形斜張橋です。
高さの異なる親子2本の塔から、扇上に張った多数のケーブルで主桁を斜めに吊り上げる構造を採用しています。
  • 1.基礎構造の施工

    1.基礎構造の施工

    外形24mの円形のケーソンを沈設し、橋脚の基礎としました。
  • 2.親塔・子塔の架設

    2.親塔・子塔の架設

    陸上で製作された塔部材を、クレーンによってたて上げを行った。部材ごとの接合は、景観を考慮し、溶接にて行っている。
  • 3.上部工の架設

    3.上部工の架設

    側径間部はベントで受けながら架設し、中央径間部は張り出し架設にて行いました。

1987年9月9日 開通

1987年9月9日 開通

都市景観に配慮するために、夜間照明の実施や、初の愛称募集など、地域社会に密着した取り組みを実施しました。

関連コンテンツ

首都高夜景
首都高の夜景スポットをご紹介しています。

おすすめドライブガイド
おすすめのドライブスポットやルートをご紹介します。
フッターイメージ