首都高ドライバーズサイト
  • 文字サイズ
  • 標準

  • 拡大

夜景の楽しみ方

丸々もとおさんと語る夜景の楽しみ方

夜景評論家 丸々もとお

丸々 もとお(まるまる もとお、1965年8月31日-)は、夜景評論家、夜景プロデューサー、夜景コンサルタント、照明コンサルタント。日本夜景遺産事務局長。夜景鑑賞士検定事務局長。(社)LED光源普及開発機構理事。元ぴあ、ダイヤモンド社、KKベストセラーズ、リクルートの編集者・記者。元リクナビ副編集長。父の経営する有限会社マルタアドバタイジング所属。血液型AB型。
自称世界初の夜景評論家であり、その肩書きは商標登録済み。夜景、夜景観光のパイオニアとして活躍。立教大学社会学部観光学科出身で、専門は観光学。2002年、ぴあ、リクルートを経て独立。夜景の魅力を観光学、景観学、色彩心理学等、学際的に評論する独自の夜景学を構築。1992年発売の「東京夜景」以来、夜景に関する著書は30冊を超える。全国に広がる、工場夜景ツアーの仕掛け人で、テレビ東京系「ソロモン流」では夜景の賢人として紹介された。

首都高に乗れば乗るほど、頭の中にステキな「夜景美術館」ができるんです。 ~丸々もとお(夜景評論家)

これまでの三回の連載を通して、「節電の夏の夜に見る夜景」「首都高速から見える&行ける日本夜景遺産」「観光・レジャーを伴う夜間の経済活性化する役割を担う首都高の役割」「首都高で行くお薦めのイルミネーション」等、様々な角度で「首都高と夜景のステキな関係」をお伝えしてきました。むろん、30年近く首都高を利用している私にとってはお伝えしきれない魅力がまだまだ沢山あります。それはまたの機会を頂くとして、今回は「首都高夜景の心理的効果」について述べたいと思います。
夜景には「癒しの効果」が期待できると言われていますが、確かに夜景を眺めることでリラックスしたり、頭の中の情報が整理されたり…ということが起こりえます。私の場合も同じで、仕事や生活で疲れた時には夜景を眺めながらリラックスしたり、深い会話をしたい場合にも夜景鑑賞を選んだりします。しかし面白いことに、「首都高で眺める夜景」はちょっと違います。移動空間にいることで、夜景は次から次へと波のように押し寄せてきます。一瞬たりとも同じ夜景には出合えない訳です。これが、夜景スポットで立ち止まって鑑賞する夜景とは大きく異なります。「手に入れたと思った瞬間、逃げていく夜景」と言えますが、これこそ記憶に深く残る夜景となるのです。人間は自らを感動させてくれた風景は失いたくなく、それが流れる景色のように失うと分かっていれば、その一瞬に高い集中力を持つもの。失う景色だからこそ心の奥底で抱きしめ、記憶の倉庫にしまい込もうとするのです。
首都高は主に光の密集地に展開しているため、常にドラマチックな表情の夜景に出合う可能性が高い道路。とすれば、記憶に深く残る一瞬の数は無限大です。まさに「記憶の宝庫」のような存在と言えるでしょう。私もたった10秒もあれば、数十の名シーン(首都高の名夜景)がすぐ頭に浮かんでくるほどです。
今回は静止画ではなく、動画コンテンツとして「台場→レインボー→東京タワー」「みなとみらい→ベイブリッジ」「五色桜大橋付近」などを公開しています。こちらの動画を眺めながら、ぜひ、あなた好みの"一瞬の夜景"を見つけてください。首都高速に乗れば乗るほど、頭の中にステキな「夜景美術館」ができるのですから。
あと最後に、わき見運転は厳禁です。せっかくのドライブを台無しにしては意味がありません。車窓からの夜景はドライバーから助手席の方への素敵なプレゼントですからね!

首都高から見える夜景

横浜

横浜のシンボル 横浜ベイブリッジ。通常は白いライトアップですが、24時までの毎50分から正時まで、毎20分から30分までの10分間は主塔先端部が青色にライトアップされます。横羽線から見るみなとみらいの夜景もなかなかのものです。

天王洲

高層ビルが立ち並び、吸い込まれていくような感覚の天王洲付近。この辺りではモノレールが並走しています。羽田空港から人々を乗せたモノレールとすれ違ったり、羽田空港へ向かう人々を乗せたモノレールと一緒に走ったり。それぞれがお互いの夜景の一部になっていることでしょう。

白金

2号目黒線の白金付近の照明は、とても幻想的。
実はこの照明、野鳥保護のため、光が道路の外に漏れないよう、照明ポールを設置せず高欄に直接取り付けられているのです。

東京タワー

東京の夜景といえば東京タワー。都心環状線芝公園付近は、東京タワーの夜景スポットとして人気があります。また、あまり知られていませんが2号目黒線上りも東京タワーの夜景を楽しめる穴場スポット。天現寺を超えると正面にきれいな東京タワーが見えてきます。

レインボーブリッジ

夜景の王道 レインボーブリッジ。11号台場線を都心方向に向かうと、左手に大観覧車をはじめとするお台場の夜景が望めます。東京港を眺めながらライトアップされたレインボーブリッジを渡ると、正面左手に東京タワーが現れます。

五色桜大橋

荒川にかかる五色桜大橋。もともとこの付近が桜の名所だったためこの名前が付けられました。今は、桜に代わりアーチ橋の108個のLEDライトが夜空を彩ります。夜景はもちろんのこと、この橋からの夕焼けもとてもきれいです。黄昏時に是非ドライブしてみてください。※ライトアップに使用される電力の一部は通過する車両の振動により発電されています。

助手席の方へ贈る、ひとときの宝石箱 ~車窓から見える夜景は同乗者の方がお楽しみ下さい~
交通ルールを守って安全運転をお願いします。

  • スーパー夜景サイト
  • 夜景遺産

  • 夜景評論家丸々もとおさんと語る夜景の楽しみ方
  • 首都高で行こう!ドライブキャンペーン