首都高ドライバーズサイト
  • 文字サイズ
  • 標準

  • 拡大

改善事例

神田橋JCTから東京高速道路会社線(KK線)を利用した際に、途中、西銀座乗継所を通過しようとしたが、トンネルから地上へ出るところで光の加減で分かりづらいため、どちらが一般レーンかETC専用かよく分からない。レーンの選択がしやすいように工夫してほしい。

料金所安全対策工事の際にLED式車線表示板を新設。これにより背面からの太陽光による影響がなくなり【ETC専用】・【一般】の判別が容易になりました。併せてLEDの採用で多段階の調光が可能となり、昼夜の光環境にマッチすることにより、視認性も向上させました。(2013年12月)






改善事例箇所を地図から確認できます。

お問い合わせ

    フッターイメージ