3月9日(水)に、中央環状線(外回り)扇大橋付近においてコストを抑えた薄型の「エスコートライト」を設置します。
エスコートライトは、上り勾配で速度低下による渋滞が発生している箇所において、路側に設置した灯具の光を進行方向へ流れるように点灯させ、速度低下を防ぐ渋滞対策装置です。
今回の設置区間は、上り勾配となっており、朝夕のピーク時を中心に平日の日中はほぼ毎日渋滞が発生しています。多いときは扇大橋付近を先頭に板橋JCTまで渋滞が延びています。(別紙1参照)
首都高での導入は2例目になりますが、今回は平成27年2月にはじめて3号渋谷線(下り)池尻付近に設置したものと比較し、コストを抑え、スペースが無い箇所にも設置可能な薄型のエスコートライトとなっています。(別紙2参照)
なお、3号渋谷線(下り)池尻付近に設置したエスコートライトは、最大通過台数が約3%向上し、効果が継続しています。

※今後も、3月中旬の中央環状線(内回り)千住新橋付近への導入をはじめ、山手トンネル内の上り勾配等への導入も検討しています。