12月1日(木)に、中央環状線(内回り)中野長者橋付近において「エスコートライト」の運用を開始しました。
エスコートライトは、上り勾配で速度低下による渋滞が発生している箇所において、路側に設置した灯具の光を進行方向へ流れるように点灯させ、速度低下を防ぐ渋滞対策装置です。
今回の設置区間は、上り勾配があることから、平日の朝ピーク時を中心に夕方にかけて渋滞が発生している状況です。
なお、3号渋谷線(下り)池尻付近に設置したエスコートライトは、最大通過台数が約3%向上し、効果が継続しています。

エスコートライトの概要

場所 中央環状線(内回り)中野長者橋付近(西池袋入口~中野長者橋出口間の左側300m区間)
運用開始日 平成28年12月1日(木)5時
点灯時間 朝~夕まで連続点灯し、夜は消灯(運用開始後の交通状況により見直します)

設置個所・運用イメージ