首都高速道路では、11月に入り、深夜・早朝の死亡事故が多発しています。
深夜・早朝の走行は、交通量が少ないことから漫然運転になりやすいほか、疲れなどから居眠り運転に陥ってしまう恐れがあるため、スピードの出し過ぎに注意し、前方走行中の車両との間隔を十分にとるとともに、長時間走行する必要がある場合は、休憩施設で早めに休憩するなど、安全な走行を心掛けて下さい。