横浜北トンネルすべり台式避難方法のバーチャルリアリティ(VR)体験施設を大黒パーキングエリアに整備し、平成30年3月18日(日)から運営を開始します。

平成29年3月18日に開通した横浜北線の横浜北トンネルでは、首都高で初となるすべり台式避難方法を採用しています。事故や火災など万が一の場合に備えて、普段は体験することのできないすべり台式避難方法について、VR技術を活用して体験していただく施設を大黒PAに整備します。

VR体験施設の概要

場所 大黒PA本館1階 情報コーナー
運営開始 平成30(2018)年3月18日(日)から
運営日・時間 3月18日(日)~6月 日曜日 9時30分~13時
7月以降 土日祝日 9時30分~13時

※体験にあたり費用はかかりません。

VR体験の流れ

  • vr1
    1.火災発生、非常口へ
  • vr2
    2.ボタンを押して扉を開ける
  • vr3
    3.すべり台で道路下へ
  • vr4
    4.避難通路を通って地上へ

地図

横浜環状北西線は東京2020オリンピック・パラリンピックまでの開通を目指して建設中です。
横浜環状北西線のトンネルにもすべり台式避難方法を導入します。