北西線の概要

計画概要

横浜環状北西線(以下、北西線)は、東名高速道路(横浜青葉インターチェンジ)と第三京浜道路 (港北インターチェンジ)を結ぶ、延長約7.1kmの自動車専用道路です。北西線が完成すると、平成29年3月18日に開通した横浜北線と一体となり、東名高速道路から横浜港までが直結され、横浜市北西部と横浜都心・湾岸エリアとの連絡強化等が図られます。
北西線は、横浜市と首都高速道路株式会社により、できるだけ早い完成を目指して、事業を進めています。

5分でわかるほくせいせん
事業の流れ
都市計画道路名称 1・4・8号 高速横浜環状北西線
起点 青葉区下谷本町(東名高速道路 横浜青葉インターチェンジ)
終点 都筑区川向町(第三京浜道路 港北インターチェンジ)
延長 約7.1km(うちトンネル部 約4.1km)
出入口 横浜青葉インターチェンジ(既存の料金所を介して国道246号等に接続)
港北出入口(出入口を新設)
接続する道路 東名高速道路(東京方面・名古屋方面)
第三京浜道路(玉川方面・保土ケ谷方面)、横浜北線(生麦方面)
道路構造 往復4車線、設計速度60km/h(第2種第1級)
事業者 横浜市、首都高速道路株式会社
事業期間 平成24年度〜平成33年度

※インターチェンジ(IC)、ジャンクション(JCT)は既存の名称で表記しています。出入口の名称は仮称です。