北西線の概要

事業の流れ・進め方

  • 横浜市と首都高速道路株式会社等が平成15年度よりPI*(パブリックインボルブメント)手法を導入し、構想段階から市民等のみなさまに情報を提供しつつ広くご意見をお聴きしながら、ルートや構造等について検討を行い、平成17年8月に「概略計画」を公表しました。
  • 「概略計画」策定後、法に基づき都市計画及び環境影響評価*の手続きを進め、平成23年3月に都市計画決定されました。
  • 平成24年7月に都市計画事業認可を受け、現在は、本格的な工事着手に向けて必要な調査・設計および用地権利取得等を進めています。

*PI(パブリックインボルブメント)
PIとは、計画づくりの初期の段階から、関係する市民等のみなさまに情報を提供しつつ、広くご意見を聴き、それらを計画づくりに反映することです。
*環境影響評価(環境アセスメント)
環境影響評価とは、道路等の大規模な事業を実施する前に、事業が周辺環境に及ぼす環境について調査・予測・評価し、その結果を踏まえてより良い事業計画をつくるための制度です。
事業の流れ