いまと昔の写真から、首都高の歴史を振り返ります。

2017.11Scene 2

新宿副都心

1970年頃は新宿副都心の再開発が進められた直後で、写真中央に位置する高速4号新宿線(1964年に三宅坂JCT~初台間が開通)の周囲には視界を遮る高い建物もなく、右手には東京ガスのガスタンクが残っています。現在は、東京都庁本庁舎、新宿パークタワーなど、高層ビル群が林立する街へと変貌を遂げました。
右手奥には、高速中央環状線と連絡する西新宿JCTの姿も見えます。

※画像真ん中の矢印をドラッグして左右に動かし、いまと昔の写真を見比べてみてください。

※「首都高NEWS2017.7-8号」に掲載したものです。

首都高NEWS バックナンバーはこちら

一覧に戻る

ページトップへ戻る