首都高の取り組み

最新の環境技術を取り入れています

■騒音を低減する遮音壁を設置

晴海出入口付近の完成イメージ

晴海出入口の中央分離帯(延長約120m)に、高さ6mの遮音壁(両面吸音タイプ)を設置。晴海線利用の自動車に加え、有明通りを走行する自動車の交通騒音の低減を図ります。

■低騒音で水はけの良い高機能舗装を採用

高機能舗装は、通常の舗装に比べて隙間が大きく、騒音が生じにくくなります。雨天時の水はけも良くなり、水しぶきの発生が減るとともに、路面や区画線も見えやすくなります。

所要時間の変化