事業の概要

2015年3月に中央環状線が全線開通しました。首都圏3環状道路のうち、最初のリングが完成となり、高速道路全体のネットワークを効率よく利用できるようになりました。この中央環状線の機能を十分に発揮させるために、現在接続されていない中央環状線と7号小松川線を連結する小松川ジャンクションを設置します。
特に中央環状線の関越道・東北道方向と7号小松川線の京葉道路方向は交通需要が多いと予測されており、この方向を結ぶ連結路が設置されることにより、首都高速道路ネットワークがより強化されます。
小松川出入口において中央環状線(埼玉方面)との出入りが可能となるよう、入口を追加するとともに、現在の出口を7号小松川線の北側に付替えます。
これらの整備に伴い、7号小松川線の附属街路第3号線、第4号線を拡幅などして付替えます。

本事業は「中央環状線機能強化事業」の1つとして実施されます。これは、板橋・熊野町ジャンクション間4車線化、堀切・小菅ジャンクション間4車線化とともに中央環状線のボトルネック箇所の車線増加や、ジャンクションの機能が不足している箇所の連結路の追加等を行うものです。

計画の概要
区間 江戸川区東小松川一丁目~松島一丁目
完成年度 平成31年度
ジャンクション計画の諸元
連結路の規格 A規格ランプ(道路構造令)
連結路延長 約700m(7号小松川線→中央環状線)
約280m(中央環状線→7号小松川線)
車線数 1方向1車線
料金所 一箇所
設計速度 40km/h
出入口 小松川入口(新設)、小松川出口(付替)
附属街路計画の諸元
延長 約360m(第3号線)、約380m(第4号線)
車線数 1方向1車線
設計速度 30km/h
幅員 8.5m