首都高速道路では、平成29年度に入り4件の死亡事故が発生しており、そのうち1件が二輪車の死亡事故となっています。

なお、平成28年度においては、9件の死亡事故のうち2件が二輪車の事故となっています。

死亡事故件数

二輪車事故の特徴

二輪車で特に多いのが、速度超過等により運転操作を誤り転倒する事故や、車両や施設に接触して転倒する事故です。また、二輪車は四輪車と違い、事故に巻き込まれた際は衝撃を直接体に受けるため、重大な人身事故となる可能性が非常に高くなります。

  • スピードは控えめに、急な車線変更はやめましょう
  • カーブ手前や下り坂では、スピードを落としましょう
  • 自動車との距離を、十分に取りましょう
  • ヘルメットを正しくかぶり、プロテクターやエアーバック付きジャケット等を着用しましょう

関連リンク