旬な首都高

パーキングでアート?

パーキングでアートってなに?

らぶちゃんはい、お答えします!
首都高をご利用になられるお客様が自然に芸術作品を楽しんでいただく空間を創出するとともに、若手芸術家の活動支援を目的に取り組んでいるプロジェクトで、今回の開催は、首都高と多摩美術大学芸術学科が企画して実施しました。 パーキングでアート

 

今回で2回目となるこの取り組みは、題して「美術があそぶ住宅2012」。
前回は「代々木パーキングエリア」で開催されましたが、今回は与野利便増進施設内(与野ジャンクション建設予定地)にある「総合住宅展示場さいたまハウジングパーク」で開催しています。

パーキングでアート

「美術があそぶ住宅2012」は、さまざまな学科で学んでいる学生が、あたらしい美術のあり方を探りながら企画しました。
ハウジングパークを見学し、作品をどのような空間に展示するか考え、その家のイメージに合った作品を作り上げ、ハウスメーカーの方へのプレゼンを経て展示されています。

パーキングでアート パーキングでアート パーキングでアート パーキングでアート パーキングでアート パーキングでアート

いかがですか?
どの作品も違和感なく、あたかもそこにあるのが当然のように家の一部存在しているのではないでしょうか。
アートは特別なものではなく、みなさんのすぐそばにあるものなんです。

 

らぶちゃん私たちの意識のなかで、アートは美術館にあるものとされています。しかし、屏風やふすま絵、掛け軸など、アートはわたしたちの身近なところにもあります。今回の展示では、アートをあるべきところへ返すことを目的とすると同時に、新たなアートの姿をうみだし、ひそやかで、あたたかく、やわらかさとともに住んでいるように、みなさんに寄り添う美術のありかたを考えました。

「美術があそぶ住宅2012」は平成24年3月25日(日)まで開催しています。
みなさんもぜひ、アートにふれてみませんか?

 

プレスリリース:与野利便増進施設にて「パーキングでアート」を開催します
総合住宅展示場さいたまハウジングパーク

2012/02/24 旬な首都高

より最近の記事へ 過去の記事へ

首都高の様々な部署から集まった女性社員で構成された「首都高ガールズ」が、首都高内の旬なトピックスをみなさんにお届けしていきます!
シロクマ

首都高に対する社員の熱い想いを伝えます!

茶の助
ホッと一息
ついてくださいな
コロちゃん
首都高の新しいなんかをみつけてお知らせ!
みっちゃん

首都高速道路をもっとみんなに知ってもらいたい!

らぶちゃん
カメラを持って、右往左往。
Qちゃん
首都高初心者。「これなあに?」