• TOP
  • 首都高の交通規制

Traffic restrictions

TSM(交通システム
マネジメント)とは

TSM(交通システムマネジメント)とは、道路の交通混雑が想定される箇所において実効性を伴う通行抑制や通行制限を実施することにより、円滑な交通を維持する取り組みです。

首都高の交通規制

首都高ではTSM(交通システムマネジメント)の考え方に基づき、大会期間中に以下のような交通規制を行います。期間中はできるだけ車での移動を避けていただき、首都高を利用する際には交通規制に注意してご通行いただけますようお願いいたします。

本線料金所の通行制限

料金所レーン数を終日又は交通状況に応じて制限します。車線変更、走行速度等に十分注意してご通行ください。

入口閉鎖

0時~24時まで、24時間閉鎖を行う入口と交通状況に応じて閉鎖を行う入口の2種類ございますのでご注意ください。

JCT部での方向別規制

流入する交通量を調整するために、JCTの利用が制限されます。

交通規制予定箇所

交通規制は大会期間を通じて実施が予定される箇所に加え、特に混雑が予想される「開会式、閉会式の開催時」や「各競技の開催時」で、実施されるタイミングや規制される箇所が変わります。それぞれの規制箇所と内容については以下よりご確認ください。

また、大会時は料金施策を実施し、夜間(0時~4時)に首都高を利用するETC車の料金を5割引し、
昼間(6時~22時)に首都高の都内区間を利用するマイカー等へ1,000円の料金上乗せをいたします。
詳細は以下よりご確認ください。

ご注意ください

掲載されている内容は現時点での情報です。
今後状況に応じて変更が発生する可能性がございます。