本文へスキップ

きたせんが「キタ!」

MENU

きたせん TOPICS

[K7]横浜北線が3月18日(土)に開通しました!

通り初めの様子

平成13年度から事業を進めてきた[K7]横浜北線は、3月18日に開通しました。地域の皆さま、長きにわたり、ご理解とご協力をいただき、ありがとうございました。開通式典と開通セレモニーの様子をご紹介します。

開通記念式典

 3月18日(土)16時、[K7]横浜北線が開通しました。当日は10時から横浜北トンネル内の特設会場で開通式典が開催され、菅義偉内閣官房長官、田中良生国土交通副大臣、黒岩祐治神奈川県知事、林文子横浜市長などを来賓に迎え、この他、地元の皆さまや工事関係者など約400人の方々に開通式典にご参加いただきました。
 首都高速道路株式会社の宮田年耕代表取締役社長は、用地取得に応じていただいた方や地元の皆さまへの感謝の言葉とともに、「首都高と第三京浜がつながり、アクセスが向上します。引き続き、東名高速につながる横浜環状北西線を早期整備してまいります。今後ともお客さまや社会の期待に真摯に応え、首都高を安全・安心・快適に利用していただけるよう努めてまいります」と挨拶。
 次に登壇した菅内閣官房長官は「港湾・観光・まちづくりに貢献できる道路が開通しました。南北を結ぶ道路が保土ケ谷バイパスしかない中、新たな路線の整備は地元の悲願でした」と喜びを語りました。田中国土交通副大臣は「道路ネットワークの強化、横浜市、首都圏の強化に向けて総力を挙げて取り組んでいきます」と強調。黒岩神奈川県知事は「これで、つながるべきところがつながりました。この大きな追い風をしっかりと活かしていきたいと思います」とコメント。共に事業を進めてきた林横浜市長は「横浜北線は横浜市の経済発展の第一歩。今後も横浜市内の道路事情をよくしていきたいと思います」と道路ネットワークの強化を訴えました。

 開通セレモニーでは、来賓をはじめ、本誌表紙に登場した双子の杉本のちゃん・のちゃん、地元の小学生が参加し、テープカットと、くす玉開きが行われました。その後の通り初めでは、横浜市消防音楽隊・ポートエンジェルス119と神奈川県警高速道路交通警察隊の白バイが先導し、地元の小学生らが小旗を振って開通を祝う中、様々な車両が完成したばかりの[K7]横浜北線をパレードしながら通りました。

テープカット

私たちと同じ双子(ツイン)のシールドマシンで掘ったトンネルは、想像していたよりずっと大きくて、驚きました。初めてのセレモニーで前日から緊張していましたが、菅内閣官房長官などからやさしく話しかけてもらい、本番はリラックスしてテープカットができました。広報誌の撮影は、ヘルメットをかぶったり、工事をしている様子を想像してポーズを取ったりして、楽しかったです。横浜北線を、みんなが利用してくれるとうれしいな。私たちもたくさん走りたいです!

杉本葡のちゃん・栞のちゃん

「港」と「空」へのアクセスがさらに便利に

[K7]横浜北線([K1]横羽線~第三京浜)の開通により、横浜港や羽田空港へのアクセスが向上しました。安全運転でご利用ください。

「港」と「空」へのアクセスがさらに便利に
「港」と「空」へのアクセスがさらに便利に
通り初めの様子

きたせん TOPICS バックナンバー