本文へスキップ

工事等のお知らせ

MENU

用地取得の方法について

用地取得の方法

きたせんは、高架部、地表部、トンネル部で計画されています。

用地買収の場合(収用の部分)

高架部、地表部、トンネル部の開削工法の区間
道路の計画線の部分の土地を譲っていただくことになります。

区分地上権設定の場合(使用の部分)

トンネル部(シールド工法の区間)

トンネル部のうち、シールド工法により建設する区間は、原則として皆様の土地の地下のみを使用させていただきます。家屋の移転はありません。
土地の所有権は、地上及び地下に立体的に権利が及ぶため、トンネルの上下左右に一定の範囲を定め、その部分を使用するための権利設定をさせていただきます。この権利を「区分地上権」といいます。
区分地上権の設定範囲は、トンネルの上下5メートル、左右1メートルを保護層とした範囲となります。(右図参照)
区分地上権設定にあたっては、土地の正常な取引価格に、その土地の利用が妨げられる程度に応じて適正に定めた割合を乗じた額を、金銭で補償いたします。
補償の対象となる方は、土地をお持ちの方と借地権をお持ちの方になります。今後、用地測量を実施し、区分地上権設定価格を算定した上で、個別に協議させていただきます。
くわしくは、下記のお問い合わせ先
(首都高速道路株式会社神奈川建設局用地課)までご連絡ください。

首都高速道路株式会社 神奈川建設局 用地課
〒221-0013 横浜市神奈川区新子安1-2-4 オルトヨコハマ・ビジネスセンター3F
TEL:045-439-0746 FAX:045-439-0773