本文へスキップ

工事等のお知らせ

MENU

工事のお知らせ

「新羽地区工事」のお知らせ 第15号

横浜環状北線「新羽地区工事」のお知らせ(第15号)を発行しました

 平素から、地元の皆様方には横浜環状北線事業について、ご理解とご協力を頂きありがとうございます。本号では下記の事項についてお知らせします。
 ■今後の主な工事予定
 ■主な作業内容
 ■施工状況

1.今後の主な工事予定(平成23年7月~平成23年10月)

 

※天候の状況等により作業工程は変更になる場合があります。


2.主な作業内容

 

(1) 発進立坑部
 9月からはシールドマシンによるトンネル掘削及びセグメント組立を再開します。ナッピー号(生麦行)は約1,150m、コッピー号(港北行)は約1,050m進んでいます。現在は掘削を一旦停止し、段取替作業(床版設置設備の投入など)を行っています。

(2) 鶴見川遊水地部
 ベルトコンベアで発進立坑から運んだ土砂を、ダンプトラックに積載して搬出しています。

(3) 新横浜大橋部(長島大竹線)
 工事は9月に完了し、その後工事用道路として使用する予定です。工事に伴い新横浜大橋上で車線(歩道)の切り回しを行います。

(4) 新横浜換気所部
  新横浜換気所工事に着工します。躯体構築のため、9月より掘削を開始します。

(5) 新横浜出入口部
 新横浜出入口工事に着工しました。8月中旬より支障物の撤去及び整地工を開始しています。


3.施工状況(8月12日現在)


①-1発進立坑部(コッピー号)トンネル施工状況


①-2トンネル内部状況(トンネル中間部)


①-3トンネル内部状況(トンネル先端部)


①-4トンネル内部状況(内部設備設置状況)


③-1センターランプ上ベルコン盛替状況


③-2長島大竹線センターランプ橋桁架設状況(新横浜駅方向を眺む)


③-3長島大竹線ループランプ橋施工状況(北新横浜方向を眺む)


ダイサギを見よう
ダイサギ(大鷺)はシラサギの仲間で、名前の通り日本では最大級のサギです。多目的遊水地(新横浜公園)や新横浜周辺の鶴見川の水辺では、1年を通して見られ、9?10月頃には浅瀬で魚などを捕っている姿を見ることができます。(写真提供:NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

※印刷用(PDF版645KB)