ほっとする場所・代々木パーキングエリア

Vol.1 2015年9月17日掲載

クルマ雑誌の編集という仕事柄、首都高をよく利用する。クルマの撮影は都心よりも郊外で行うことが多いため、箱根に出かける時は渋谷線、河口湖なら新宿線、横浜方面なら湾岸線や横羽線、東北道方面なら川口線といった具合だ。

朝早く空いているうちに都心を抜け、西の空があかね色に染まる頃、都心に戻ってくることも多い。そんな時、自分は決まって、首都高のパーキングエリアを利用する。パーキングエリアに寄って一杯のコーヒーを飲み、“東京“に戻ってきたことを確認する時間が好きなのだ。

首都高の上り線の本線料金所付近にはだいたいパーキングエリアがあり、そこもいいが、自分のお気に入りは上りの代々木パーキングエリアだ。ここは二階に「レストランよよぎの森」と「ドトールコーヒー」があって、ここからの眺めはちょっとした壮観だ。向かいに神宮の森、左に外苑方向、右に新宿方向とワイドな視界が広がる。

コーヒーを飲みながら、首都高を流れていくクルマの流れを見ていると、なんだか気持ちが落ち着く、自分にとってのとっておきの空間だ。

※当コラム及び著者プロフィール等の内容は掲載時のものです。

株式会社 講談社ビーシー
「ベストカー」本郷 仁 編集長(2015年9月現在)

profile
長い大学生活の後、オートバイ誌を経て「音羽の不夜城」と呼ばれるベストカー編集部に入城、20年以上“籠城”の身となる。富山県生まれ
ベストカー
1978年『ベストカーガイド』として創刊。1985年『ベストカー』となり、スクープ情報、新車情報に加え、カー用品、社会ネタまで幅広く取り上げる人気の自動車総合雑誌。毎月10日と26日発売。定価360円(税込)。
ホームページ:
https://bestcarweb.jp
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア