相席スタート・山﨑ケイ

Volume 11
「首都高NEWS LOVE(前編)」

この連載が始まったのはちょうど1年前の今頃だった。

マネージャーから
「ケイさんにweb連載のお話がきてるんですがどうでしょうか」
と言われた。

聞くと、首都高NEWSというサイトの連載で、妄想でドライブしてそれを文章にしてほしい、とのこと。そう、この連載のこと。

「一応免許も持ってるし首都高運転したことも何回かはあるけど、全然道とか知らないから厳しいかも…」
とマネージャーに伝えると、
「その辺も含めて一度先方とお話しできたら」
とのことだったのでまずはそうしてみることに。

確かルミネの劇場出番の合間だったかな?

「初めまして。首都高NEWSの竹内と申します」

30代前半くらいの、一応左手の薬指を見ると指輪はしていない、まぁ指輪をしてないとはいえ結婚していないわけではないし…、とドライブとは関係ない妄想を早速させてくれるくらい、背はあまり高くないけど学生時代スポーツをがっつりやっていそうな、でも部長というよりはなぜか副部長が似合う感じの、明るく爽やかなでも少し控え目な印象もある男性が担当のようだ。

今回の仕事の説明を受ける。

ここだけの話、特に好きではない俳優やアイドルを「好き」という"てい"でお願いします、という仕事もあったりする。その人と共演して知ってみたら結局は本当に大好きになってしまったりもするのだが、熱量が足りず仕事的には失敗と言わざるを得なくなってしまった時もある。

なので、できないことやわからないことはきちんと伝えた上で、仕事はしなくてはならないということを私は知っているのでしっかり伝えた。

「ドライブも文章を書くのも嫌いではないのですが、首都高についての知識が全くないのと、正直…景色がいい田舎の道ならともかく、都会の中を走る首都高限定で、というのが不安しかないです…」

この発言が竹内副部長の首都高愛に火をつけた。

「確かに、あまり馴染みがない人にとっては合流や分岐が難しいとか、渋滞してそう、とかあまり良いイメージがないかもしれません。ですが、首都高速はとても魅力的な道なんです。山手トンネルができて渋滞も緩和されましたし、あ、ちなみに山手トンネルは日本で一番長い道路トンネルなんですよ!ちなみに世界でも二番目の長さです。景色に関しても例えば晴海線、昼間は両側に晴海運河が見渡せて開放感がありますし、夜は東京タワーも近くに見られてとても綺麗です。台場線ではレインボーブリッジを走り抜ける途中晴海埠頭が見えたり、個人的にはレインボーブリッジは走るより見る方がオススメなので台場線を都心方向に向かって夕方くらいに走る時に見えるレインボーブリッジがかなりオススメです!!!後は湾岸線も景色がいいし、中央環状線から見えるお堀の感じも季節によってまた違う良さがありますし、」

「あ、あの竹内さん…わかりました。やりますやります!それだけ魅力があれば私も色んな妄想できそうです!」

「あ、ありがとうございます!すいません、僕1人で喋りすぎました…もしよろしければ今僕が話した以外にも魅力や不思議が沢山ありますので、後日実際にご案内させていただきたいと思うのですがいかがでしょうか?」

というわけでこの一年間何度か、竹内さんとマネージャーと私の3人で取材と称してドライブをした。
埼玉方面も神奈川方面も千葉方面も行ったし、羽田空港の辺りもお台場の辺りも、オススメの角度からのレインボーブリッジも見たし、初めて首都高内のPAにも行った。

竹内さんの運転はスマートでなんとなく色気もあって、控えめな感じなんだけど実は結構モテてきたのではないかとまた妄想してしまったりもした。
初めは取材の割合がもちろん多かったけど、車という閉ざされた空間の中でお互いプライベートな話もするようになり自然と仲良くなっていった。

最初は半年ということで始まったこの連載も読んでくださる皆様と、竹内さんの社内でのプッシュのおかげで半年間延長になった。そしてついに来月が最終回。

最後の取材ドライブの日の前日。マネージャーから連絡が。
「大変申し訳ないのですが…明日おかずクラブさんの現場に行かなくてはならないので取材ドライブ同行できなくなってしまいました。竹内さんと2人になってしまうため、竹内さんが一応他の方を同行させた方がいいのではないかとおっしゃっているのですがいかがでしょうか?」
と。

「いや、別に竹内さんと2人でも大丈夫だよー!私も手出したりしないし(笑)」

と言いつつ、その日は半身浴をしフェイスパックをし、前日のうちにどの服を着るかを決め、翌日の最後のドライブにのぞむケイなのであった。

 

最終回予告
担当の竹内さんと最後のドライブ。二人の乗った車は一体どこへ向かうのか!?そしてこの話のどこまでが妄想なのか!?来月、最終回お楽しみに!

(次回は11月更新予定です)

PROFILE山﨑ケイ(お笑い芸人)

1982年千葉県生まれ。2013年、相方の山添寛とコンビ「相席スタート」を結成し、男女の日常をネタにしたコントや漫才で人気を博す。M-1グランプリ2016ファイナリスト。「ちょうどいいブス」としてメディア出演多数。

現在、YouTubeチャンネル【相席YouTube】を開設中! 
https://www.youtube.com/channel/UC8PClLM0It8xXOnNtB1vzOg

一覧に戻る

ページトップへ戻る