首都高ドライバーズサイト
  • 文字サイズ
  • 標準

  • 拡大

夏休みには箱根園水族館へ遊びに行こう!

2014年08月07日更新

多彩なプログラムも楽しめる箱根園水族館!

8月に入り、夏も本番ですね。
夏休みにはお出かけを計画されている方も多いと思いますが、今回はこの夏におすすめのスポットをご紹介します!
都心から首都高速道路と東名高速道路・小田原厚木道路を通り、箱根新道を経由して約2時間、避暑地として有名な箱根芦ノ湖エリア。
その芦ノ湖畔に位置する人気レジャースポットが箱根園水族館です。

箱根園水族館は淡水の生き物だけでなく海水の生きものも見られる水族館で、日本で一番標高の高いところにある海水の水族館としても知られています。その他バイカルアザラシ広場と3つのエリアからなるバラエティ豊かな水族館です。
バイカルアザラシショーや海中ショーなど、プログラムもたくさん用意されているので、大人から子供までご家族で楽しむことができますよ。
周辺には芦ノ湖の美しい景色が広がるので、水族館と一緒にゆっくり過ごすのがおすすめ。

箱根エリアは標高が高いことから近くの小田原に比べても気温が約5℃低く、夏でも快適に過ごせるんです。
この夏、暑い都会を抜け出して、ぜひ涼しい箱根で箱根園水族館を楽しんでみてはいかがでしょうか?

イルカやアザラシも見られる、日本で一番標高が高い場所にある海水の水族館!

海抜723mにある箱根園水族館。海水の生きものを扱う水族館としては日本一の高さを誇ります。
ちなみに標高が高い箱根で海水の生きものが見られるのは、毎日相模湾からきれいな海水を直接運んでいるからなんですよ!
館内の「海水館」のメインは、大海の生きものが集まった、高さ7m、1,255tの海水をたたえた陽の光が直接そそぐオープンエアーの大水槽です。ハナゴンドウ(イルカ)と魚たちが一緒に泳ぐ珍しい展示を楽しめます。エイやサメに導かれスロープを降りると、頭上では海水魚たちが舞っていたり、岸辺ではペンギンたちが話しかけてくれたり… カニたちや熱帯魚の群れを見ながら、「淡水館」へと続きます。
淡水館では、世界中の川や湖から生きものが集まっています。
芦ノ湖の魚たちをはじめ、色とりどりの美しい魚たち、洞窟内に棲む珍しい魚、 アマゾン川流域の巨大魚など、個性豊かな仲間たちがたくさん棲んでいます。
そして「バイカルアザラシ館」では、愛嬌たっぷりのアザラシたちがやってきました。でっかい身体にクリクリの目、しぐさも泳ぎ方も可愛らしいこのアザラシは、ロシア・バイカル湖出身の世界でも珍しい、淡水に棲むバイカルアザラシです。
観覧デッキからはゆうゆうと泳ぎまわるアザラシたちを間近で楽しめるんですよ!
なお、園内では箱根園水族館イメージキャラクター「縁結びのエンちゃん」も登場しますので、ぜひ記念写真を一緒に撮ってくださいね!

この夏休み、ご家族やお友達と箱根園水族館を満喫してみてはいかがでしょうか?


【箱根園水族館】

・場所
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139
・営業時間
9:00A.M.~5:00P.M. (最終入館は閉館40分前まで)
・入場料
おとな¥1,500 /こども(4才~小学生)¥750

施設情報

所在地神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139
ホームページ箱根園水族館

アクセス情報

箱根園水族館へは、首都高速道路 高速3号渋谷線及び東名高速道路・小田原厚木道路経由 箱根新道をご利用いただくと便利です。

  • Clip to Evernote

関連コンテンツ

首都高を楽しむ
首都高夜景
夜景スポットMAP大公開!

首都高を楽しむ
首都高名所グラフ
首都高の名所やライトアップをご紹介しています。

フッターイメージ