首都高ドライバーズサイト
  • 文字サイズ
  • 標準

  • 拡大

夜景の楽しみ方

丸々もとおさんと語る夜景の楽しみ方
夜景評論家 丸々もとおさんインタビュー

丸々 もとお(まるまる もとお、1965年8月31日-)は、夜景評論家、夜景プロデューサー、夜景コンサルタント、照明コンサルタント。日本夜景遺産事務局長。夜景鑑賞士検定事務局長。(社)LED光源普及開発機構理事。元ぴあ、ダイヤモンド社、KKベストセラーズ、リクルートの編集者・記者。元リクナビ副編集長。
世界初の夜景評論家であり、その肩書きは商標登録済み。夜景、夜景観光のパイオニアとして活躍。立教大学社会学部観光学科出身で、専門は観光学。2002年、ぴあ、リクルートを経て独立。夜景の魅力を観光学、景観学、色彩心理学等、学際的に評論する独自の夜景学を構築。1992年発売の「東京夜景」以来、夜景に関する著書は30冊を超える。全国に広がる、工場夜景ツアーの仕掛け人で、テレビ東京系「ソロモン流」では夜景の賢人として紹介された。

日本夜景遺産とは

日本各地における美夜景の再発見&発掘し、「日本夜景遺産の認定」「夜景の観光的価値の向上」および「域経済活性化を担う人材の育成と交流」「夜景鑑賞地の整備・保存」に貢献することを目指しています。日本夜景遺産は、「自然夜景遺産」「施設型夜景遺産」「ライトアップ遺産」「歴史文化夜景遺産」分類。2004年から認定作業を始め、2011年7月で147カ所が認定。夜景案内人「夜景ナビゲーター」の養成や「夜景検定」事業も行っています。なお、2011年8月現在、日本全国に「夜景鑑賞士」3000名、夜景ナビゲーター(東京都、横浜市、川崎市、神戸市、長崎市、周南市)において250名を輩出しています。

先月のインタビューで、日本夜景遺産に関してお聞きしましたが、夜景遺産に認定されるには、どうすれば良いのですか。

今年の日本夜景遺産の認定は、現在14カ所決まっています。決め方は、まず夜景スポットを有する各地から立候補してもらうんですね。例えば、市や県の観光課から「ぜひ、うちを認定して欲しい」と。もちろん、事務局でも独自の調査を重ねリストアップします。今年は全国で約50カ所の夜景スポットがノミネートされましたが、検定1級の合格者8人に、そこから1人10票持って、1ケ所について最大2票まで入れられるという仕組みで、投票制にしているんですね。そこに事務局投票も入れて、最終的に何票以上というのが認定されるという・・・ノミネートされるためには当然、調査をして夜景遺産にふさわしいか選定するのはうちの事務局の仕事ではあるんですけど、最終的には投票制で決まります。いま現在で133カ所ですから、今回14カ所加わると147カ所にあります。

認定は、定期的におこっているのでしょうか。

1年に1回ですね。第七回となる今年は、自然夜景遺産として「伊丹スカイパーク」(兵庫県)や「晴海親水公園」(山口県)など3カ所、施設型夜景遺産として、「観光物産館アスパム」(青森県)、「アイ・リンクタウン展望施設」(千葉県)、「ゴールドタワー」(香川県)など5カ所、ライトアップ遺産として「あしかがフラワーパーク」(栃木県)、奥日光湯元温泉 雪まつり(栃木県)など5カ所、歴史文化夜景遺産では「秩父夜祭」(埼玉県)が認定されています。夜景遺産認定の募集は、毎年8月~翌年の5月まで。5月から認定作業や現地調査を経て、7月に決定し、8月に公表する流れとなっています。来年への認定に向けて新しい動きですが、地図サービス「Peta Map」(ソニー)と提携して、一般の方からも自由に応募できるスタイルを始めました。新たな夜景遺産を多くの人にぜひ発見してもらいたいですね。

現在まで認定されている場所は何か所ですか?

今回の14カ所を加えて147カ所になります。毎年10カ所強のペースで認定していますから、あと4年ほどで200カ所に届く感じです。おかげさまで自治体、観光事業者、夜景を愛する皆様のご支援を頂いたおかげで、資金的なリソースが少なかった本事務局の運営も順調に歩んでこれました。今後は更なるステージに飛躍できるよう努めますので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

今回のこの首都高夜景の企画でも、首都高で行ける「日本夜景遺産」を紹介することで企画がすすんでいますが、環境保護の観点からも重要な活動だと思います。
後世に夜景を残すということは、現在の視点場(夜景鑑賞地)を守るということ。そこで、夜景鑑賞のルール&マナーを設け、啓蒙し続けています。むろん、首都高から見える夜景遺産、首都高で行ける夜景遺産もたくさんありますが、これらの正しい鑑賞方法をお伝えしていくことで、鑑賞ルール&マナーを伝えるという重要な側面もあります。

「日本夜景サミット」も開催しているそうですが?

日本夜景遺産・紹介
アイ・リンクタウン展望施設(千葉県・市川市)

「I-linkタウンいちかわ ザ タワーズウエスト」の45階、屋上に位置する展望施設。地上150メートルの高さに位置し、屋上の展望デッキからは360度の視界が確保。市街地を眼下に、江戸川をisan挟んだ向こう側には東京都心部や東京ディズニーリゾートR、東は千葉方面の湾岸部の夜景も一望できる。

写真クレジット:丸田あつし(夜景フォトグラファー)

横浜港大さん橋 国際客船ターミナル

1894年の完成以来、横浜港の要となった大さん橋ふ頭。2002年に再整備を完了し、現在に至る。約430mの屋上には送迎デッキを擁する広場がある。みなとみらいから横浜ベイブリッジまで360度の夜景が望め、現在では横浜の夜景名所としてはナンバーワンの認知度を誇る。
首都高夜景にも紹介しています

その他の日本夜景遺産スポット

  • スーパー夜景サイト
  • 夜景遺産
  • 夜景評論家丸々もとおさんと語る夜景の楽しみ方
  • 首都高で行こう!ドライブキャンペーン