首都高ドライバーズサイト
  • 文字サイズ
  • 標準

  • 拡大

夜景の楽しみ方

丸々もとおさんと語る夜景の楽しみ方
夜景評論家 丸々もとおさんインタビュー

丸々 もとお(まるまる もとお、1965年8月31日-)は、夜景評論家、夜景プロデューサー、夜景コンサルタント、照明コンサルタント。日本夜景遺産事務局長。夜景鑑賞士検定事務局長。(社)LED光源普及開発機構理事。元ぴあ、ダイヤモンド社、KKベストセラーズ、リクルートの編集者・記者。元リクナビ副編集長。
世界初の夜景評論家であり、その肩書きは商標登録済み。夜景、夜景観光のパイオニアとして活躍。立教大学社会学部観光学科出身で、専門は観光学。2002年、ぴあ、リクルートを経て独立。夜景の魅力を観光学、景観学、色彩心理学等、学際的に評論する独自の夜景学を構築。1992年発売の「東京夜景」以来、夜景に関する著書は30冊を超える。全国に広がる、工場夜景ツアーの仕掛け人で、テレビ東京系「ソロモン流」では夜景の賢人として紹介された。

今回は、これからの季節、特別(大切な人と)な時に夜景をより良く楽しむ方法や考え方などをお聞かせいただけますか?

夜景を楽しむときには季節によって準備するものが違うってことですよね。眺める場合はですね、いかにその場所で長く楽しむための準備ができているかということです。キャンプしようとかじゃなくても、見ている時間、鑑賞している時間に対して、記憶の深さは比例するんですよね。5分しか見ない人は5分以下の印象でしかないので、発見できるものもあんまり発見できなかったと、そういうことであまり思い出に残らないと思います。同じ夜景を見ながら、30分でも1時間でも時を過ごせた人達、その夜景を長く見ている人達はやっぱり、最終的には1年たっても2年たっても、「そういえばあの時あれがあったよね」って頭の中に記憶として残るものになるんですよ。夜景を見る時には、基本的に暗がりで見る事になりますから、お互いに本音で話やすくなり、普段より打ち解けやすくなると考えられます。これはいろんな心理学で証明されていることですが、ほの暗さが可能にする心理の交流みたいなもの、それこそ、修学旅行の夜中にふとん中で暗がりの中、話す恋愛話みたいな、ああいう世界観だと思うんですけど。あと夜は基本的に人を感情的にさせるので、気持ちがこう熱くなり易いですよね、だから電話が長くなったり、メールが長くなったりとか、非常に心を解放しつつも高めていくというところがあったりするので、夜景は割とそういう感情なんかも引き出してくれたりします。
ただ、ほの暗さを感じる夜景スポットというのは多いのですが、暗すぎては警戒心に火をつけてしまいます。そこで、そこそこの暗がりがあり、安心感のある夜景スポットがお薦めです。例えば「お台場海浜公園」。園内自体はほの暗さがありつつも、少し歩くと商業施設(デックス東京ビーチ等)の明かりが零れてくる。お台場には他にも同様のスポットが点在しているので、誰かと深く語りたい、親密になりたい人には最適のエリアですね。

あと、同じものを見ながら会話するは、結構重要ですね。家族で夜景を見に行いって、親父と息子が夜景を見ながら人生を語りあう。基本的に人って個々の人なので、1日24時間別のものを見て生きているわけです。みんな見ている方向が全部違いますが、その夜景を見ている時だけは、同じ方向を見ているってことがすごく重要で、例えば、映画とかコンサートってのは、同じ方向を見ていてもそこで会話ができないじゃないですか。でも夜景の場合は同じものを見ながら会話ができるという環境にあるので、そういう活用の仕方をして欲しいなと思うんです。例えば、お台場でレインボーブリッジを眺めて語り合う...すると、心が共有できて、徐々に将来・未来・夢さえも互いに感じ取ることができるんです。ぜひ、カップルはもちろん、家族でも同じ夜景を眺めて絆を深めて欲しいですね。

普段は話づらいこととか、夜景を見ると話しやすくなりますよね

「実はさ・・・」みたいな本音で話が出来る場所ですね。

素の自分に戻れそうな気がしますよね。

夜景とは、自分と向き合う時間をくれる景色なのですごく大切だと思います。ですから、快適に過ごすための準備として、例えば冬だったらちゃんと防寒をしていくとか、夏も夜は結構冷えるので、カーディガンを1枚用意しておくとか、あとはどこに座るかみたいなところで言うと、クルマの中から普通に見える場合はいいんですけど、立ったままずっと見てても結構疲れますので、よく花火大会やバーベキューで使うような椅子とかをクルマの中に入れておくとか、ビニールシートや新聞でも良いですが、座るものを入れておくと便利ですね。あとは、ちょっと暗い場所があったりするので、懐中電灯みたいなものも携帯したほうがいいかなっていうのはあります。いかにそこでゆっくりと快適に過ごせるか、という状態だけは準備しておいた方がより夜景を楽しめますね。

なるほど、快適に過ごせる準備は確かに大切ですね。せっかくの夜景でも快適でなければ観賞どころではないですね。

それに、人間って、いきなりオンからオフにはならないじゃないですか。多少の時間をかけてオフになっていくじゃないですか。1日を過ごしてきた普段の状態から少しづつ、本来の自分に戻る時間というのが絶対必要で、それは5分でできるかっていうと、個人差はあると思うんですけど、いきなり自分の中の優しいところに帰れるかっていうと、なかなか難しいですよね。暗がりに目が慣れていくだけでも15分くらいかかりますし。

視覚だけで綺麗な景色を見に行くっていう目的だけじゃ浅くて、さらに深い交流とか・・・奥が深いですね。あと、電車で見に行くのも良いですが、やはり夜ですので時間を気にせず夜景をじっくり楽しむには車で行きたいですね。車の中自体がムードありますし。

そういう夜景に手早くリーチできるのが、首都高なのですよね。例えば、東京や埼玉にいる人が、首都高に乗って千葉方面に行って、という時に首都高抜けていくのが速いじゃないですか。首都高通らずに行こうと思ったら、余計に時間もガソリン代もかかりますし、着いた頃には疲れちゃって、そこに長く居る時間が休む時間になっちゃうんですよ。首都高から見える夜景自体とても綺麗ですし。休む時間じゃなくて、自分をはぎとる、自分と向き合う時間だったり、2人で行ったならばコミュニケーションを深める時間として行くので、いかに良い状態で、素早くそこに瞬間移動できるかが重要で、そういった意味で首都高の役割っていうのは、「心と向き合うための瞬間移動装置」的なものなのかもしれませんね。

首都高で行く!お薦めイルミネーション
お台場メモリアルツリー

デックス東京ビーチ目の前のお台場海浜公園では、台場メモリアルツリーが点灯中です。お台場の冬の風物詩ともいえるこのメモリアルツリー、今年で16回目を迎える人気のイルミネーションです。ツリーの高さは約20メートル、幅は10メートルで、生木のとしては都内最大級のこのツリーを約20万球のLED電球で飾ります。今年のツリーは「希望」「絆」をテーマに様々な光のイルミネーションが出現します。「舞いながら復興を祈る白い鳥」や「輝く未来に向けた虹」、「2つの流星で表現した手をつないだ共生の姿」などがイルミネーションにより表現されます。またこのイルミネーションは環境への配慮からバイオマス発電によるグリーン電力が使用されているそうです。
台場メモリアルツリーを楽しむには、デックス東京ビーチ3階のシーサイドデッキがおすすめ。レインボーブリッジと都心の夜景をバックにこのメモリアルツリーを堪能することができます。

<台場メモリアルツリー>
点灯期間 2011年11月12日(土)~2012年1月10日(火)
点灯時間 17:00~24:00(2011年12月31日(土)のみ17:00~29:00まで点灯)

東京ドイツ村ウィンターイルミネーション「スマイル・オブ・ホープ」

昨年度の関東ナンバーワン・イルミネーションに選出された東京ドイツ村。昨年のイルミネーション来場者は43万人突破。超幻想的な光のパラダイスが登場。音と光のショー「ダンシング・ライツ」はもちろん、木道を歩くだけで幸せな気分に浸れます。まさに、希望の光です。

写真クレジット:丸田あつし(夜景フォトグラファー)

あしかがフラワーパーク「光の花の庭」

「光と花の庭」として、150万球の電球が園内を彩ります。新スポット「レインボーマジック」が登場。サンタクロース、トナカイなどのイルミネーションはもはもちろん、約1200畳の大藤棚にはフジのような紫色のイルミネーションが咲き乱れます。

その他のお薦めイルミネーション

丸の内 Bright Christmas 2011 Special 宝塚歌劇展/丸の内イルミネーション 2011
丸の内仲通りを中心に、約95万球のLEDで 街路樹が彩られ圧巻です。丸ビル1Fには、宝塚歌劇をイメージした「赤」を基調にした 高さ8メートルのクリスマスツリーを設置。丸ビルのクリスマスツリーには、被災地の方々が制作したオーナメントや、仙台の七夕の 装飾品を制作する工房が制作した竹細工によるクリスマス装飾などが取り付けられます。東北新幹線の 玄関口でもある丸の内を舞台に、丸の内で働く方、訪れる方と被災地をつなぐ特別なクリスマスツリーにという思いが込められています。
六本木ヒルズ Artelligent Christmas 2011
六本木ヒルズのクリスマスは今年も最大級。雪をイメージしたイルミネーションなどたくさんのツリーがヒルズ全体各所に登場!クリスマスマーケットも開催されます。
『 Baccarat ETERNAL LIGHTS 』
恵比寿ガーデンプレイスの冬の風物詩。世界最大級のバカラのクリスタルシャンデリアは、ライト数250もの華麗さを誇り、今年も見逃せません。その他、プロムナードのイルミネーションの豪華さにもうっとり...
第28回スターライトイルミネーション
横浜駅西口の高島屋前のツリーを中心としたロータリー低木に、LED電球約4万4300球が飾られます。
今年のテーマは「希望の光で、日本に元気と勇気を がんばろう!日本」。メインの横浜高島屋前の樹木はグリーンのイルミネーションで彩られます。
さがみ湖イルミリオン'11-'12
さがみ湖プレジャーフォレストでは、関東最大級の300万球のLEDを使用し、ダイナミックかつ、テーマ性に富んだイルミネーション。今シーズンより新たに登場する「光の大聖堂」では光と音楽の響宴が楽しめます。他にも園内は様々なイルミネーションで彩られ見どころ盛りだくさんです。
  • スーパー夜景サイト
  • 夜景遺産
  • 夜景評論家丸々もとおさんと語る夜景の楽しみ方
  • 首都高で行こう!ドライブキャンペーン