2019年3月26日(火)より、1号羽田線(上り)浜崎橋JCTにおいて、可変チャンネリゼーションの長期試験を行います。
可変チャンネリゼーションは、ジャンクション等の合流部手前において、可変式の路面表示や表示板等を設置・運用し、交通需要に合わせて車線の誘導を行うものです。
今回、交通量の少ない夜間にLED投光器から可変式路面表示を照射することにより、合流部手前で左車線に車両を誘導し、安全で円滑な合流を行えるようにします。

可変チャンネリゼーションイメージ

設置箇所

可変チャンネリゼーション長期試験概要

設置箇所 1号羽田線(上り)浜崎橋JCT(都心環状線外回り方面渡り線)
運用開始日 2019年3月26日(火)
表示時間 20時~日の出まで(運用開始後見直す場合あり)

運用イメージ