ご走行前に

ETCカードのご確認をお願いします

ETCカードを車載器に確実に挿入してください

ETCカードを車載器に確実に挿入してください

ETCカードを車載器に確実に挿入してください
  • ETCカードであることを確認してください。(ロゴのチェック)別のカードを挿入しているトラブルが多発しています。
  • 裏・表の確認をしてください。
  • 挿入方向の確認をしてください。
  • 有効期限をご確認ください。
  • カード挿入後、車載器の確認をしてください。(ETCをご利用可能である確認音、ランプを確認してください。詳しくはご利用のETC車載器取扱説明書をご覧ください。)
  • 「首都高に乗るときから降りるまでの間」は、ETCカードの取り出し、交換等をしないでください。

ご走行中

走行中のカードの抜き差しはおやめください

首都高では料金所の無い入口、出口や本線上に通信を行うアンテナが設置されています。通信時にカード抜き差しすると、車載器やETCカードが故障する可能性があるので、走行中のカード抜き差しはおやめください。

料金所

ETC表示のある料金所の車線へ向かいます

ETC表示のある料金所の車線へ向かいます

料金所の屋根の上の車線表示板の示す内容は次のとおりです。

ETC専用 『ETC無線通行』でご利用いただけるレーンです。
ETC/一般 『ETC無線通行』『現金またはETCカードを手渡し』でご利用いただけるレーンです。
※前方の車が停車する場合がございますのでご注意ください。
一般 『現金またはETCカードを手渡し』でご利用いただけるレーンです。

路側表示器が「↑ETC」を表示し、開閉棒が開きます

路側表示器が「ETC」を表示し、開閉棒が開きます

料金所では20km/h以下に減速し、料金所ブース付近に設置している路側表示器に「↑ETC」と表示されたこと、開閉バーが開いたことを確認して、必ず徐行で通行してください。

ETCレーンは一台ずつ通過してください

レーンでの併走危険

ETCレーンでの併走、追い抜きは通信エラーの原因になり、重大事故に繋がる恐れもありますのでおやめください。

レーンでの併走危険
ETC/一般レーンでの追越禁止

バーが開かず停車した場合、バックはしないでください

バーが開かず停車した場合、バックはしないでください後続車に追突される危険がありますので絶対にバックせず、料金所係員に連絡し、その指示に従ってください。

二輪車でバーが開かなかった場合、バーを避けて通過してください

二輪車でバーが開かなかった場合、バーを避けて通過してください二輪車でご利用時にバーが開かなかった場合は、バーを避けてETCレーンから退避し、駐停車が禁止されていない安全な場所から、首都高ETCコールセンターにご連絡ください。

このような場合には正常な通信ができず、バーが開きません!

  • ETCカード未挿入
  • ETCカード有効期限切れ
  • ETCカードの変形
  • ETCカード ICチップ部の摩耗、汚れ
  • 車載器アンテナの上に物を置く
  • 車載器の取り付け不良(シガーソケット電源など)
  • 車載器アンテナ角度不良
  • ETCレーンでの速度超過
  • ETCレーンでの複数台併走