事故、異常気象、工事等による首都高の通行止めのため、当社が指定した出口から一旦首都高を出て、再度、当社が認めた時間内及び入口から再び利用(う回)した場合、料金の調整を行います。

再度利用する場合の通行方法

現金でご利用のお客様

う回のため再度ご利用になる料金所において、料金所係員に、う回の旨お申し出ください。
最初のご通行と、再度のご通行を合わせて1回の通行とみなし、再度利用した際の料金はいただきません。

現金でご利用のお客様

ETCでご利用のお客様

う回のため再度ご利用になる料金所において、最初の料金所でETC無線通行時にご利用されたETCカードと同じETCカードを車載器に挿入し、「ETC専用」レーンまたは「ETC/一般」レーンへ進入していただき、ETC無線通行でご通行ください。

最初の入口から一旦退出された出口までのご利用距離と、再度ご利用いただいた入口から最終出口までのご利用距離を合算した料金距離に応じ、料金調整を行います。通行止め区間により、う回経路・う回時間が異なります。また、う回経路・う回時刻によっては調整されない場合があります。ご不明な点がございましたら、大変お手数ですが首都高ETCコールセンターまでご連絡ください。

料金調整の一般的な事例

通常のご利用

A入口料金所→D出口までの距離に応じた料金が、出口で通知されます。

料金調整の一般的な事例(通常のご利用)
通行止めがあった場合

ETCをご利用のお客様は、一般道路に出る前のご利用(A-B)と再度のご利用(C-D)を、同じETCカードを車載器に挿入し「ETC専用」レーンまたは「ETC/一般」レーンをETC無線通行でご通行ください。
B出口、D出口でそれぞれ料金案内がありますが、A-B、C-Dの料金距離を合算した料金距離に応じ料金調整し、請求いたします。

料金調整の一般的な事例(通行止めがあった場合)

ご注意ください

お客様の事由によるう回につきましては、料金調整の適用対象とはなりません。