開催概要

2015年3月、いよいよ中央環状線山手トンネル(湾岸線~3号渋谷線)が開通します。
首都高講座52限目で学んでいただく場所は、開通すると延長日本一となる山手トンネル(18.2㎞)の中間に位置する大橋ジャンクションです。

現在、車で走行できる大橋ジャンクションのすぐ横では、新しいトンネルと接続するための工事が行われています。ご利用中のトンネルを地中で接続したり、2本のシールドトンネルを全て地中で合体させて分合流部を構築したり、どれも最先端の高度な技術によるもので必見です。
今回は、開通準備に余念のない現場の雰囲気を味わっていただくとともに、技術についてもわかりやすく説明いたします。
首都高講座で山手トンネル(湾岸線~3号渋谷線)の建設状況をご覧いただける最後のチャンスです。ご応募、心よりお待ちしております!

※見学場所は、建設現場のため階段の昇り降りや足元に注意が必要な場所もございます。バリアフリー化はされておりませんのでご了承ください。

写真

コース名 52限目
講座場所 大橋ジャンクション
講座日時 平成26年11月28日(金)10:00~12:00
募集人数 約30名(18歳以上)
募集期間 平成26年10月31日(金)~11月13日(木)
参加費用 無料
締切 平成26年11月13日(木)17:00

開催報告

11月28日(金)、52限目「地中で分合流、高度な技術がぎゅっと詰まった大橋連結路を学ぼう」が開催されました。今回の講座は、工事中のトンネル内部、まさに今しか見ることのできないエリアのご案内です!受講者はヘルメットを装着し、安全対策をしっかりとってスタートしました。
大きなゲートが開かれゆっくりとくぐると、そこはもう大橋ジャンクションの内部です。目の前の走行車線を眺めつつ、早速工事中のトンネルの中へ。トンネル内部はほぼ真っ暗でした。大井方面へ向かって、大橋連結路を慎重に進んでいきました。

首都高講座の様子

連結部分では、トンネル壁面をスクリーン代わりにして、首都高社員からじっくりと概要説明タイムです。2015年3月に山手トンネル(湾岸線~渋谷線)が完成すると、ついに中央環状線のリングがつながります。大橋連結路工事は、それへ向けての重要な工事の一つです。地上より掘り進めて、既設のシールドトンネルと接続し、分合流部を構築する工事、シールドマシンで道路を構築する工事、そして、地下で2つのシールドトンネルを一体化する工事。これらの工事が並行して行われているのです。
全員揃って記念撮影。背後に写っている標識板をご覧下さい。分岐部はここまで完成しています。

首都高講座の様子

また、地上へ避難する非常階段や避難通路も実際に歩きました。首都高では万が一に備え防災・安全設備に万全の体制をとっています。
最後に、営業中の山手トンネルの本線接続部を見学し、再び走行車線を間近に見ながら、名残惜しみつつ現場を後にしました。

首都高講座の様子

受講者の皆さまのご協力により、今回の講座も無事に終えることができました。寒い中、朝早くからお集まりいただき有難うございました。