道路は一定の構造基準により造られています。このため、道路法及び車両制限令では、道路の構造を保全し、交通の危険を防止するため、道路を通行する車両の大きさや重さの最高限度(一般的制限値)を定めています。また、これを超える特殊な車両を通行させるときは、通行しようとする道路の道路管理者に申請し、許可(詳しくは国土交通省「特殊車両通行許可制度について」をご覧下さい。)を受けなければなりません。

なお、許可なく又は許可条件に反して特殊な車両を通行させた者、又は道路監理員の命令に違反した者等に対しては、罰則が定められています。この罰則は、違反した運転手ばかりでなく、事業主体である法人等にも同じように科されます。

一般的制限値
(画像クリックで拡大)

通行制限区分図

罰則

  1. 車両の通行が禁止又は制限されている場合、これに違反して通行させた者、許可条件に違反した者
    6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金(道路法第103条第4号)
  2. 道路管理者又は道路監理員の通行の中止等の命令に違反した者
    6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金(道路法第103条第5号)
  3. 車両の幅、長さ、高さ、重さ、最小回転半径等で制限を超える車両を道路管理者の許可なく通行させた者、又は許可条件に違反して通行させた者
    100万円以下の罰金(道路法第104条第1号)
  4. 特殊な車両を通行させるとき、許可証を備え付けていなかった者
    100万円以下の罰金(道路法第104条第2号)
  5. 車両の幅等、個別的に制限されている道路に車両を通行させて、通行の中止、総重量の軽減、徐行等の道路管理者の命令を受けながら、それに違反した者
    50万円以下の罰金(道路法第105条)
  6. 法人の代表又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても罰金刑を科する(道路法第107条)

車両制限令違反者に対する大口・多頻度割引停止措置等について

大型車通行適正化に向けた関東地域連絡協議会