地震はいつ起こるかわかりません。もし起こったらどうすべきかを日頃から心がけるようにしておきましょう。
運転中に大地震が発生したら、パンクしたときのように突然クルマが激しく左右に揺れハンドルをとられるような感じになります。

走行中揺れを感じたら

  • 首都高を走行中に揺れを感じたら、急ブレーキをかけないでゆっくり減速して停車してください。
  • 停車するときは、左側(左側に駐車できないときは右側)に車を寄せ、警察、消防等の車両が通行できるよう中央部を空けてください。
  • 首都高の管内で大地震(震度5強以上)が発生すると、首都高の入口は閉鎖され通行止めになります。安全確認のため直ちに緊急点検を実施しますが、緊急点検には3時間程度かかります。

災害時には、緊急情報を表示します。
写真:文字情報板

停車したら

  • 停車するときは、左側(左側に駐車できないときは右側)に車を寄せ、警察、消防等の車両が通行できるよう中央部を空けてください。
  • ラジオをつけ、地震や災害の状況、道路交通情報を得てください。
  • 二次災害防止のため、自分の判断でむやみに行動しないでください。
  • パトロールカー等で広報しながら巡回しますのでその指示に従ってください。
  1. 道路の左側(左側に停車できないときは右側)に寄ってエンジンを止める。
  2. ラジオ等で地震速報や道路交通情報を得る。

  3. 自分の判断でむやみに行動しない。
  4. 警察やパトロール隊の指示に従う。

避難誘導に際して

  • 安全が確認された場合は、確認できたところからパトロールカー等で出入口を案内するなどの誘導を行います。
  • 万一、車両による高速道路上からの避難が困難または危険な状態となった場合は、パトロール隊の指示に従い避難してください。
  • 避難するときは、周囲の安全をよく確認し、次のことを守ってください。
  1. キーは車内に置いたままにする。
  2. 窓ガラスはしっかり閉める。
  3. 貴重品は必ず持ち出す。
  4. 連絡先を書いたメモを残す。
  5. ドアはロックしない。

災害対策基本法の一部改正(2014年11月)により、首都直下地震など大規模災害時に警察、消防、自衛隊等の通行路を確保するため、お客様の車両を移動させていただくなどの措置を行う場合があります。