2020年3月22日より、首都高上の文字情報板において新しい表示を開始しました。

1.画面を左右に分割した表示の試行

ジャンクション手前の文字情報板において、分岐の方向にあわせた情報を分かりやすく表示するため、画面を左右に分割した表示を開始しました。
今回試行的に、1号羽田線(上)浜崎橋JCT、2号目黒線(上)一ノ橋JCT、3号渋谷線(上)谷町JCTの3箇所の文字情報板で表示を開始しています。
なお、情報の種類により、上下段に切り替えて表示する場合があります。

新しい表示イメージ

2.簡易図形表示(オビ)の拡大

中央環状線山手トンネルの文字情報板では、「簡易図形(オビ)」で自車の走行位置と事象発生区間などをお知らせしていますが、今回、4号新宿線下りにおいても同様の表示を行います。
なお、交通状況に応じて文字による交通状況表示に切り替わります。

新しい表示イメージ