首都高ドライバーズサイト
  • 文字サイズ
  • 標準

  • 拡大

五色桜大橋

  • 概要
  • ライトアップ
  • 建設ステップ

1990年11月 着工

1990年 11月着工

五色桜大橋は荒川を渡る区間であり、航路の確保から橋長146mのダブルデッキニールセンローゼ橋です。
  • 1.下部構造およびコンクリート橋脚の施工

    1.下部構造およびコンクリート橋脚の施工

    1990年11月より工事を着手しました。荒川河川内の橋脚基礎となるため、鋼管で河川を仕切り基礎を構築しました。
  • 2.上部工の架設

    2.上部工の架設

    架設は床版部分を除く一括架設で行いました。架設位置の1km上流地点で組立てを行い、台船で曳航し1993年4月に一括架設を行いました。
    (架設重量約3350t)
  • 3.完成

    3.完成

    その後、鋼床版の架設、ケーブルの張力調整を行い、1995年2月に完成しました。

2002年12月25日 開通

2002年12月25日 開通

架橋地点一帯が、かつて五色の桜が咲き集う名所だったことに因んで、「五色桜大橋」と名付けられました。

関連コンテンツ

首都高夜景
首都高の夜景スポットをご紹介しています。

おすすめドライブガイド
おすすめのドライブスポットやルートをご紹介します。
フッターイメージ