火災に遭遇したときは

  • 火災が発生したときは、押しボタン式通報装置、非常電話、携帯電話を使って通報してください。安全が確認でき、消火できる場合は、トンネル内に設置されている消火器や泡消火栓で消火する。消火は火の勢いの弱い初期段階で行うのが効果的です。
  • 火災に遭遇したときは
    火災に遭遇したときは
  • 火災発火地点の近くでは、トンネル内放送や係員の指示があった場合や、身の危険を感じた場合は、車から降りて避難してください。発火地点付近で車の中にいるのは、非常に危険です。
  • トンネルの入口手前にいるときは、トンネル入口の手前で停止してください。トンネル内に進入することは非常に危険です。

避難するときは

  • サイドブレーキをひき、エンジンを切る
  • キーは車内に置いたままで、ドアロックはしない
  • 避難誘導表示に従い、非常口に向かう
  • お年寄りや車椅子の方の避難を援助する
  • 避難通路をつかって、地上に避難する

避難するときは

すべり台

横浜北線、横浜環状北西線(建設中)は、車道の下に避難通路があるため、非常口にあるすべり台をすべって床版下安全空間に避難してください。(一部すべり台を使わない非常口もあります)

  1. 1直上階段型
  2. 2避難通路経由型
  3. 3横断連絡坑経由型
  4. 4独立避難通路経由型
  5. 5床版下避難通路経由型

トンネル内機器の使い方

押しボタン警報装置
薄い透明なプラスチックの板を押し破り、中のボタンをランプがつくまで押してください。
非常電話
受話器を取るだけで、管制室の係員につながります。
携帯電話・PHS(#9910)
携帯電話・PHSで通報する場合は、管制室の係員に自分の居場所を伝えてください。
泡消火栓
  1. ボックスのハンドルを手前に引いて、扉を開ける。
  2. 消火ノズルを止め具からはずして、手に持つ。
  3. 赤いレバー(出水弁)を手前に倒し、消火ノズルを両手でしっかり持つ。
  4. 水が出たら、ホースを引き出す。
※ノズルの先端を回転させると、水は噴霧状になったり、棒状になったりします。
※2人で協力することが大切です。
消火器
  1. ボックスの扉を開けて、 消火器を取り出す。
  2. 消火器ホースをはずす。
  3. レバーの安全ピンを引き抜く。
  4. ホースをしっかり持ち、 レバーを握る。
  5. 火元へ直接消火剤がかかるように 吹きつける。

トンネル内機器の使い方