火災現場付近にいるお客様

  • 必ず火災車両の手前で停車。前方の視界が悪い可能性もあるので、絶対に火災車両を追い越さない。

  • 火災から遠ざかるように避難。非常口までの距離は非常口誘導表示板で確認可能。車の中にいると煙にまかれるため、非常に危険。

  • 自身の安全が確認できた後に通報。方法は以下の3つ。
    1. 約50m間隔で設置している押しボタン式通報装置のボタンを強く押し込み、ランプがつくまで押すと管制室に通報可能。
    2. 約100m間隔で設置している非常電話の受話器をとると、管制室に通報可能。
    3. 携帯電話からは「#9910」と発信し、ガイダンスに従い首都高の「1」を押すと管制室の係員につなげることが可能。

    火災に遭遇したときは

  • 安全が確認でき、消火できる場合は消火器または泡消火栓を使用。消火は火の勢いの弱い初期段階で行うのが効果的。

    火災に遭遇したときは

トンネル内にいるお客様

  • トンネル用信号機やトンネル警報板に従い停車し、トンネル内放送等で指示があった場合は、車から降りて非常口から避難。

車を停車するとき

  • 左側(左側に駐車できないときは右側)に車を寄せ、警察、消防等の車両が通行できるように中央部を空ける。
  • 非常口の前には停車しない。

車を停車するとき

車から降りるとき

  • 車から降りる際は以下の対応を。
  1. キーは車内に置いたままにする。
  2. 窓ガラスはしっかり閉める。
  3. 貴重品は必ず持ち出す。
  4. 連絡先を書いたメモを残す。
  5. ドアはロックしない。

車から降りたあと

  • 非常口から、避難経路を経由して地上に出ることが可能。避難路は安全空間のため、あわてずに避難を。
  • お年寄りや車いすの方がおられる場合は避難の援助を。

車から降りたato

すべり台

横浜北線、横浜環状北西線(建設中)は、車道の下に避難通路があるため、非常口にあるすべり台をすべって床版下安全空間に避難してください。

トンネル手前にいるお客様

  • トンネル内で火災が発生したときは、トンネル入口の信号機と警報板で情報を通知。信号が赤のときは、以下の対応を。
    1. トンネル手前で停車。トンネル内に絶対に入らない。
    2. 停車するときは、左側(左側に駐車できないときは右側)に車を寄せ、警察、消防等の車両が通行できるように中央部を空ける。
    3. 停車後は警察やパトロール隊の指示に従って行動。

トンネル手前にいるお客様