本文へスキップ

工事等のお知らせ

MENU

工事のお知らせ

「新羽地区工事」のお知らせ

横浜環状北線「新羽地区工事」のお知らせ(第7号)を発行しました

 平素から、地元の皆様方には横浜環状北線事業について、ご理解とご協力を頂きありがとうございます。本号では、下記の事項についてお知らせします。
 ■今後の主な工事予定
 ■主な作業内容
 ■地下水モニタリング
 ■施工状況

1.今後の主な工事予定

 

※天候の状況等により作業工程は変更になる場合があります。


2.主な作業内容

(1) 換気所部
 換気所部の土留め壁工は、3月中旬に完了する予定です。

(2) 長島大竹線
 新横浜大橋につながる長島大竹線の取付道路となるセンターランプ、ループランプの橋台と擁壁は4月中旬に完了する予定です。また、新横浜大橋をはさんだ両側で橋脚4基の 構築を行います。

(3) 発進立坑部
 発進立坑部の掘削工は、4月上旬に完了する予定です。

(4) 開削トンネル部
 2月下旬から開削トンネルの構造物の構築を開始しました。開削トンネルは全部で4つのブロックに分けて施工し、亀甲橋側に最も近い第4ブロックから造り始めます。


開削トンネル部(A-A断面図)

図を拡大


3.地下水モニタリング

 汚染土壌が周辺環境に影響を及ぼしていないか確認を行うため、11月5日に引き続き、2月2日に工事箇所内の観測井戸5箇所で地下水の水質調査を実施した結果、全ての箇所で環境基準値以下でした。


5.施工状況(2月20日現在)



(写真提供:NPO鶴見川流域
ネットワーキング)
南方からコチドリがやって来る
毎年3~4月頃、産卵のためにコチドリが南方(インドネシア方面)から飛来し、鶴見川の河原に巣をつくります。雛は保護色により周囲の小石と区別がつかないほど。生後約30日で飛翔できるようになります。

※印刷用(PDF版1,78MB)