本文へスキップ

工事等のお知らせ

MENU

工事のお知らせ

「横浜環状北線及び岸谷生麦線(国道1号方面行き)建設工事」のお知らせ

横浜環状北線「横浜環状北線及び岸谷生麦線(国道1号方面行き)建設工事」のお知らせ(第17号)を発行しました

 平素から、地元の皆様方には横浜環状北線及び岸谷生麦線の事業についてご理解とご協力を頂きありがとうございます。本号では、下記の事項についてお知らせします。
 ■今後の主な工事予定
 ■主な作業内容
 ■地下水の状況

1.今後の主な工事予定(平成23年10月~平成23年12月)

 

※天候の状況等により作業工程は変更になる場合があります。


2.主な作業内容


横浜環状北線


トンネル・換気所・受変電棟部

・各躯体のコンクリート工はすべて終了し、躯体内部において、整備・片付けを行います。
・躯体外部においては、躯体と土留壁の間の埋戻しは終了しており、引き続き躯体上部の埋戻し、土留め(グランドアンカー)の撤去を行います。
・土留めの撤去が完了すると、現在公園部に設置されている構台の撤去、その後土留め壁の撤去作業を行います。
・各種撤去作業に伴い、公園内の道路の復旧も順次施工します。


JR交差部

・JR交差部の橋梁架設工事を10月より開始します。


岸谷生麦線


国道1号側坑口部

・トンネル掘削は、完了しました。引き続き、仕上げのインバート工、トンネル覆工を行います。


生麦中学校体育館下

・体育館への影響はなく、トンネル掘削を完了しました。引き続き、体育館下の埋め戻しを行います。


〈横浜環状北線〉トンネル・換気所・受変電棟部(学園通り側から眺む)

〈横浜環状北線〉トンネル・換気所・受変電棟部(学園通り側から眺む)

<横浜環状北線>トンネル・換気所部(側壁部埋戻し状況)

<横浜環状北線>トンネル・換気所部(側壁部埋戻し状況)

<横浜環状北線>トンネル部(土留撤去状況)

<横浜環状北線>トンネル部(土留撤去状況)

<岸谷生麦線>トンネル覆工(鉄筋組立状況)

<岸谷生麦線>トンネル覆工(鉄筋組立状況)

<岸谷生麦線> トンネル覆工(コンクリート打設状況)

<岸谷生麦線> トンネル覆工(コンクリート打設状況)

3. 地下水位の状況

 周辺環境に対して、汚染土壌が影響を及ぼしていないか確認を行うため、平成23年5月12日に引き続き、平成23年8月10日に観測井戸3箇所において、砒素について地下水の水質検査を実施した結果、全ての箇所で環境基準値以下でした。



ユリカモメを見つける
冬になると見られる小型のカモメの仲間です。鶴見川の護岸の上やフェンスの手すりの上などにいるところをよく見かけます。雑食性で人からエサをもらうこともありますが、魚なども食べ、川の上を飛びまわり、獲物を発見すると急降下して捕らえます。
(写真提供:NPO法人鶴見川流域ネットワーキング)

※印刷用(PDF版336KB)