Volume 4
ついに開通!
横浜北西線トリビア大公開!!

いよいよ2020年3月22日(日)午後4時に開通する横浜北西線。
この路線には、さまざまな工夫がつめこまれていました!

半分以上がトンネル

延長約7.1km区間のうち、実に約4.1kmがトンネル構造。このトンネル工事は、シールド工法による掘削と設備工事を同時並行的に進める「ラップ施工」を首都高の工事で初めて採用。工期が大幅に短縮され、早期開通を実現しました!

トンネル内にすべり台が!

車道の真下が火災など非常時に備えた避難通路になっています。50~250mおきに設置された非常口のボタンを押すと非常扉が開き、お年寄りや子どももすべり台でスムーズに避難できます。避難通路内は加圧されており、煙が進入しないようになっています。

東名高速道路から横浜港までたったの20分

従来40~60分だった東名高速道路から横浜港までを約20分に短縮。首都圏の海&空の玄関である横浜港や羽田空港へのアクセス性が大幅に向上し、陸・海・空が直結したネットワーク強化で日本の国際競争力の向上が期待されます。

まるでサーキット!?なジャンクション

横浜港北JCTは最大高さ約45m。出入口が新設され、横浜北線・北西線、第三京浜道路の各方面への通行と一般道路への乗り降りが可能になります。一見、複雑なJCTですが色分けされた標識と路面の塗装で、ドライバーが迷わず目的の場所へ行けるように工夫しています。

横浜北線および第三京浜道路(横浜港北JCT)から東名高速道路(横浜青葉JCT)を結ぶ延長約7.1kmの自動車専用道路です。2017年3月に開通した横浜北線と直結されることで、東名高速道路と横浜市北西部から横浜都心・湾岸エリアとのアクセス性が向上。慢性的な渋滞路線だった保土ヶ谷バイパスなどの渋滞緩和により、沿線住民からは生活環境改善を期待されています。さらに東名高速道路経由の物流効率化による経済効果、災害時における物資輸送や救急搬送への備えとなる道路ネットワーク強化など、数多くのメリットが見込まれています。

https://www.shutoko.jp/ss/hokusei-sen/

横浜北西線/こんな便利に!

(次回は6月更新予定です)

一覧に戻る

ページトップへ戻る