私のオススメ、心ときめく首都高ナイトクルージング!

東京オリンピック・パラリンピックの開催が2020年に迫り、毎年多くの外国人観光客が訪れています。日本には観光資源がたくさんありますが、もしも、私が観光客のみなさんに日本屈指の絶景に出会える場所を紹介するとしたら、私は首都高から望む東京から横浜エリアの周遊ドライブをオススメしたいと思っています。

ドライバーの一人としては、都市部の主要な地域を行き来する大動脈として首都高を利用していますが、仕事の現場を行き来する自車移動の時間は、私にとって充実した時間。橋脚の上を走る首都高の一等地から望む東京タワーやスカイツリー、レインボーブリッジを渡る時に目の前に飛び込んでくる汐留の高層ビル群、みなとみらいのランドマークタワーに観覧車など、ドライブしながらしか望めない最高の景色を堪能できるスポットがいっぱい。それに、最近の首都高は主要路線を環状に繋ぐ支線が増えて、経由したいルートを選んで周遊できる環境も整ってきています。

小1時間ほどのドライブで名物スポットを巡り、景色が移り変わっていくさまは、まるでリアルなエンターテイメント。東京の路線では、ビルが間近に迫ったり、電車と並走する場所を通過するルートがあったりするところもスリリング!とある若きF1ドライバーが首都高を初めて走った時、「グランツーリスモのゲームで見た景色そのものだ!」なんて興奮していたという逸話も。そんな風に世界のスターの心までを動かす首都高ドライブのシチュエーション。

ちなみに、私がオススメの時間帯は夕刻から夜中までのナイトクルーズで、クルマのガラス越しに望む夜景は格別なもの。東京界隈のエリアは世界的にみても稀な人口過密都市として知られていますが、立ち並ぶビル群に整然と光が灯る姿が夕闇に浮き立つ様子はまるで電脳都市のよう。首都高は宝石のような都会の景色を眺められる世界屈指のドライブルートの一つというワケです。

藤島知子さん
(モータージャーナリスト)

profile
幼い頃からのクルマ好きが高じて、自動車レースのキャンペーンガールを経験。その後、2002年から市販車やフォーミュラカーのレースにドライバーとして参戦すると同時に執筆活動をスタート。
現在はレース活動で得た経験や女性視点を交えながら、自動車専門誌、Web媒体、女性誌などに寄稿している。
出演10年目を迎えるテレビ神奈川の新車情報番組『クルマでいこう!』ではクルマの楽しみをお茶の間の幅広い世代に届けている。
日本自動車ジャーナリスト協会理事、2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。
ブログ等URL
◆Twitter
https://twitter.com/fujitomo_81
◆facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006180845280
  • Google+でシェア
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア