首都高大作戦!道に迷ったら首都高に乗れ…

何を隠そう、ワタクシ首都高育ちなんです。いえいえ、決して首都高をグルグル回るルーレット族とか、走り屋だったとかいうわけじゃないですよ。生まれてから小学校1年生まで、首都高沿いの社宅で育ったんです。

物心ついた頃、ちょうどウチの前の辺りに遮音壁がついて、行き交うクルマが見えなくなっちゃったのが、すご~く残念だったことを未だに覚えているくらい、窓から首都高を眺めるのが好きでした。もちろん親は、コレで走行音も、そして私も少しは静かになると、喜んでいましたけどね(笑)。

そして時は流れ、実際に自分がハンドルを握って走り出すわけですが、首都高にはずいぶんと助けていただきました。

というのも私、メチャクチャ方向音痴なんですよ。なので、道に迷うと「とりあえず首都高作戦」と銘打って、すぐに首都高に乗ってました。首都高って、番号が振ってあるじゃないですか。1号羽田線、2号目黒線、3号渋谷線、4号新宿線、5号池袋線、6号向島線&三郷線、7号小松川線、9号深川線、10号晴海線、11号台場線…って具合に。特にお家に帰る時は、当時は永福方面に住んでいたので、4→4→4って数字を追って行けば帰れましたからね。とにかく首都高に乗れさえすれば、安心できました。

もちろん間違えることもありましたよ。とある早朝、道に迷いまして「とりあえず首都高作戦」を使ったところ、なんと逆方向(笑)。当時は料金所のオジサンがいたので、オジサンに相談したところ「この時間だったらね、1周グルッと回っちゃった方が早いから、1周回って○○出口で降りなさい」なんて、教えてもらったりしたこともありましたね。

そうそう、この料金所のオジサンとのやり取りも面白かったですね。仕事柄珍しいクルマ等に乗っていると「カッコイイクルマだねぇ~。どこの?」なんて聞かれたり。

もちろん「○日から工事だから、気を付けてね~」「この先渋滞してるから、気を付けてね~」というような、情報をくださる方も多かったですよ。ETCは確かに便利ですけど、こういったやりとりがなくなったのは、ちょっと寂しいですね…。

免許を取ってからいつの間にか四半世紀になりましたが、あの日からほぼ毎日首都高に乗り、そしてこの10年間、また首都高沿いに住んでいます。ベランダから行き交うクルマを眺め…って、三つ子の魂百までじゃないですけど、人間って変わらないものですね。行き交うクルマの車種は変わりましたけど(笑)。これからも首都高に助けてもらいつつ、街やクルマの移り変わりを楽しんでいきたいな~と思います。

竹岡圭さん
(タレント☆モータージャーナリスト)

profile
「クルマは楽しくなくっちゃネ!」がモットーのタレント&モータージャーナリスト。BS日テレ「おぎやはぎの愛車遍歴NO CAR,NO LIFE!」では、おぎやはぎと共にMCを、JFNネットワーク「Car Life Up To You」ではパーソナリティを務めるなど、TVやラジオやイベントを中心に、雑誌やWeb等でも活動中。また、モータースポーツにも積極的に参加しており、今年はこれまでのレース畑から一転、長年の夢だったラリーの世界「全日本ラリー選手権」に飛び込んだ。「クルマとモータースポーツを日本の文化にしたい!」という思いで、選手の立場から発信できることを模索するため、自らレーシングチームを立ち上げて参戦している。日本自動車ジャーナリスト協会副会長。日本・カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。
ブログ等URL
◆facebook
http://m.facebook.com/kei.takeoka0330/
◆Yahoo! Official blog
http://blogs.yahoo.co.jp/kei_takeoka
◆Twitter
https://twitter.com/kei_takeoka
◆Instagram
https://www.instagram.com/kei_takeoka/
近況報告
2017年は「圭rally project」というレーシングチームを自ら立ち上げ、全日本ラリー選手権を始め、実践経験をひとつでも多く積むために各種ラリーに参戦しています。なにぶんプライベーターなので、今年は予算の都合でスポット参戦ですが、いつかは全日本ラリー選手権にフル参戦したいと夢見ています。私と一緒に夢見てくださるサポーターの方、大募集中です。よろしくお願い致します~!
Web Site:http://www.kei-rally.com
Facebook:https://www.facebook.com/keirally
  • Google+でシェア
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア