高速道路は機能重視で殺風景。そんなイメージはありませんか? 実は首都高には魅力的な「デザイン」があふれているんです。 今回は、過去にグッドデザイン賞を受賞した首都高の施設やシステムを紹介します。

NAVIGATOR:
公益財団法人日本デザイン振興会
事業部課長
/秋元淳さん

グッドデザイン賞の事務局として企画運営を担当。日本デザイン振興会の事業広報の統括も行っています。

2018.06Feature 4

首都高×デザイン!?

GOOD DESIGNグッドデザイン賞とは

暮らしのいろいろなところでデザインを活かせるようにしていく活動。形のあるなしに関わらず、理想や目標に向かって物事を組み立てることを「デザイン」ととらえ、製品、建築、システム、サービスなど多様な対象に贈られています。

GOOD DESIGN

GOOD DESIGN

高速神奈川7号横浜北線
新横浜換気塔・馬場換気塔・子安台換気塔

高速神奈川7号横浜北線の「横浜北トンネル」にある3カ所の換気塔は、北線全体のトータルデザインコンセプトの下、地域住民へのアンケートを実施してデザイン方針を決定。無機質さを感じさせないデザインや暖かみのある質感、周辺環境に合わせた配色を取り入れ、周辺の環境や街並みと調和する〝景観創出型換気塔〞を実現しました。

ココがGOOD!

3カ所の換気塔それぞれが、地域の景観を損なわないような在り方を追究し、親しみがもてる存在になっています。

高速神奈川7号横浜北線 新横浜換気塔・馬場換気塔・子安台換気塔
スマートインフラ管理システム[i-DREAMs(R)

インフラ構造物の高齢化や生産年齢人口の減少に伴う技術者不足に備え、GIS(地理情報システム)を基本とするプラットフォームに必要なデータを統合し、インフラの維持管理を効率化。さらにICTやAIを活用したマネジメントシステムを構築し、インフラの点検・診断の高度化を行い、メンテナンスの確実な実施や生産性の向上を図っています。

ココがGOOD!

インフラの維持管理や将来予測に有効なシステムを、新技術を巧みに組み合わせてデザインしています。

インフラ管理システム[i-DREAMs]
交通管制システムAISS’09

膨大な情報が集まる交通管制室に、状況に応じて表示を柔軟に変えられる120インチ14面の大型スクリーンを設置。異常事態の発生などの表示がより分かりやすくなり、対応の迅速化や管制員間の連携が図られました。

ココがGOOD!

刻々と変化する状況を直感的に把握できるグラフィックデザインを取り入れています。

交通管制システムAISS’09
大橋ジャンクション

トンネルと高架を繋ぐループ構造のジャンクション。ループ部を壁で覆い、排気ガスや騒音が外に漏れないような設計に。再開発ビル、屋上の回遊式和風庭園なども整備し、地域に新たな交 流の場を提供しています。

ココがGOOD!

これほどの大規模工事を、都市で効率よく安全に行った事業マネジメントも優れています。

大橋ジャンクション

一覧に戻る

ページトップへ戻る