中央環状新宿線
全体TOP > カテゴリ:[セーフティ][中央環状新宿線] > 記事詳細
2010.06.21
中央環状新宿線

山手トンネル開通区間の事故状況①(内回り編)

こんにちは。

首都高の須長です。

 

今日は開通後、約2ヶ月間(3月28日~5月31日)の山手トンネル開通区間で起こった事故状況に

ついてレポートします。

 

約2ヶ月間で起きた事故件数は・・・

47件!

内回り側(西新宿JCT→大橋JCT方向)が39件、外回り側(大橋JCT→西新宿JCT方向)が8件という内容。

 

この内容を見ると、内回り側と外回り側でだいぶ事故件数が違うことが分かります。

 まずは、内回り側に視点をあててみたいと思います。

 

内回り側の39件の内、追突事故が37件と大半を占めています。

そして、その7割が渋滞の中での追突(接触)事故なのです。

 

では、その場所がどこなのか?と言いますと。。。

大橋JCTの手前で2車線から1車線に車線減少している区間の前後になります。

 

【この先で車線が減少します】

e4b8ade5a4aee792b0e78ab6-e58685-1413-e4b8ad-1003-500x375.jpg

 

【実際の事故後の状況(左上に事故車両が停まっています)】

e4ba8be69585e5be8ce78ab6e6b381efbc88e5a4a7e6a98befbc91e8bb8ae7b79aefbc891-500x395.jpg

 

事故の原因別では、

「脇見・前方不注視」が23件と半分以上を占めています。

それに続き「居眠り」と「ブレーキ・ハンドル操作の誤り」が4件ずつ、「不明」が8件になります。

 

まとめると、渋滞中にちょっと脇見等をしてしまった結果、周辺車両と"コツン"と接触してしまった事故が

ほとんどになります。

 

対策としては、ドライバーの皆さんへの注意喚起として、チラシを作っています。

img-618101714-0001-500x707.jpg

 

次回は外回り側について触れてみたいと思います。

 

(補足)

"車線減少区間を設ければ、渋滞をするのは当たり前!"と思われた方がいると思いますが、

その場所に車線減少区間を設けた意図については後日、お話したいと思います。

[セーフティ]
このプロジェクトの最新の記事

東京SMOOTH Diaryとは

「首都圏の流れを首都高から変える」東京SMOOTHプロジェクトが現場からお届けするレポートです。
詳細とメンバー紹介はこちら!

カテゴリから記事を見る

用語事典

Diaryを読むときに参考になる用語集!わからない単語が出てきた時はチェックしてね。

路肩 |  視距 |  JV(ジェーブイ) |  ヤード |  非常電話 | 

  • 首都高速道路株式会社
  • C2 Information Center
  • 東京スマートドライバー