工事の概要

堀切・小菅JCT間の交通をスムーズに!

平成27年3月に中央環状線が全線開通したことで、都心部に集中する交通が分散し、渋滞が減少しました。しかし、中央環状線(内回り)の堀切JCTから小菅JCTまで(葛飾区堀切四丁目から同区小菅三丁目まで)の間は、短い区間の間に合流・分流が存在するため交通流が交錯し、現状の1方向3車線のままでは渋滞が頻発します。そのため、同区間の渋滞を緩和して中央環状線の機能を向上させるために、内回りを3車線から4車線に拡幅する改良事業を進めています。
※外回りは平成13年3月に3車線から4車に改良しています。

4車線化で期待される効果:渋滞の緩和・事故の減少・排気ガスの減少

首都高広域図:改良区間

本事業は「中央環状線機能強化事業」の1つとして実施されます。これは、板橋・熊野町ジャンクション間4車線化小松川ジャンクションとともに中央環状線のボトルネック箇所の車線増加や、ジャンクションの機能が不足している箇所の連結路の追加等を行うものです。

現在の車線構成(下層)
堀切・小菅ジャンクション付近の渋滞状況(下層)
完成予想図(イメージ)
路線名 都道首都高速6号線(中央環状線)
改良区間 東京都葛飾区堀切四丁目~小菅三丁目
改良区間延長 約560m
完成予定年度 平成29年度
道路の区分 第2種第2級(道路構造令)
設計速度 60km/h
車線数 下層(中央環状線内回り)4車線

事業の内容(車線の追加)

改良区間は、堀切ジャンクションから小菅ジャンクション間のうちの約560mとし、この区間の車線を1車線増やすために、河川(綾瀬川)側に最大で約3.4m拡幅します。
これにあわせて、この区間にある小菅出口の分岐部を小菅ジャンクション側に約90m移動し、堀切ジャンクション合流部からの距離を長くし、小菅出口を利用しやすくします。 (なお、小菅出口と街路(都道450号)との接続位置は変わりません)

分岐位置を約90m移動
小菅出口分岐までの距離が長くなります

計画断面図

工事予定